ブログ運営 副業・フリーランス

テーマを絞った特化ブログに必要なキーワード数と作り方【実例で説明します】

更新日:

キーワードの目安と使い方

 

特化ブログを作りたいけど、どうやって作るんだろう。特化するためにどれくらいのキーワードを集めればいいのか分からない。

 

この記事は、そんな問題を解決するための役にたつと思います。

 

こんな疑問を解決します

  • 特化ブログを作るとどうなるの?
  • 特化ブログに必要なキーワード数は?
  • 見つけたキーワードをどうやって特化ブログにするの?

 

紹介する方法で特化ブログを作ってきました

 

この方法を使うと特化ブログはどうなるか

5ヶ月間の結果

記事数:70記事

1位ワード:97個

1ページ目ワード:762個

PV数:2018/8月時点 78,000PV(記録更新中)

 

その後継続していき、8月~10月で10記事だけ追加したら、どうなったのか。

 

7ヶ月間の結果

記事数:80記事

PV数:2018/10月時点 160,000PV以上

現在は、組み合わせたキーワードで1位から1.9位に300ワードほどある状況です。

 

特化ブログなら記事が70~80個しかなくてもこうなります。結果が数字になって出てくれるので分かりやすいですね。

 

ちなみに、4語キーワードの選定をしっかりすると1位を取れますが、表示回数が少ないのは確かです

 

でも、細かいPVを積み上げ、ブログ全体の評価を上げるための記事なので、1ページ目に入って見られる記事を作るのがとても大切なことだと思います。

 

で、どうやって特化ブログを作ればいいの?

 

では、ここから特化ブログに必要なキーワードとその使い方を説明しますね。

 

特化ブログを作るためにキーワードはいくつ必要か?

これは、狙っているキーワード・またはライバルサイト次第ですが、どれくらいあれば特化ブログにしやすいという目安はあります

 

特化ブログに必要なキーワード数は「100個」位から

必要なキーワードは100から

注意ポイント

これは100記事書くという意味ではありません。あくまでキーワードを探す段階で、ねたになる「キーワード」が100個位みつかるといいよ。という意味です。

 

メリットは、100個の記事まで何を書こうと迷う必要もなくなりますし、そこから記事を増やすことも簡単です。

 

100個とか無理!

 

そう感じていても大丈夫です。見つけ方を理解すれば誰でも「特化ブログ」のキーワードを見つけることができます。

 

キーワードの見つけ方がわからない人は、こちらの記事が役立ちます。

 

リサーチしたら、Excelを使ってストック用のシートにネタを保存していっています。

恥ずかしい「Excelファイル」ですが・・

 

 

そんなにキーワードにこだわる必要ある?

 

自分のブログを人に読んでほしいのであれば拘る意味はあると思います。

 

キーワードを見つけたら、さっそく記事を設計していきましょう!

 

見つけたキーワードを特化ブログにする2つのステップ

 

ここでは、ダイエットを(固定ワード)にした特化ブログを作る場合で考えてみますね。

 

Step1:キーワードをまとめたリストを作成【実例有り】

キーワードはリストに

サジェストツールを使い、「ダイエット」で検索してみると関連ワードがたくさん表示されます。

 

出てきたキーワードをExcelなどを使って、以下のような表にするのがおすすめです。

 

固定ワード キーワード2 キーワード3 キーワード4
ダイエット サプリ 効果 成分
ダイエット サプリ 安い 通販
ダウエット 運動 ウォーキング 時間
ダイエット 運動 ランニング カロリー
ダイエット 食事 制限 ファスティング
ダイエット 食事 制限無し

※これはサジェストワードを拾って作った例です。

 

ダイエットに特化してるな。って思いますか?

 

これでも特化と言えば特化なのですが、ライバルの多いジャンルなので、最初はさらに特化したほうがいいですね

 

では、どうすればいいのか?次のステップへ行きましょう

 

Step2:見つけたキーワードをさらに特化させていく

リストを特化させる

キーワード選定が終わったら、検索ボリュームは少ないけどライバルの強くない「複合キーワード記事」を作っていくためのキーワードを見つけていきます。

 

今回のキーワード例

ダイエット特化ブログの場合

上の表に書いているキーワードを組み合わせます。

ダイエット・運動・ウォーキング・カロリーという感じですね。

 

ただ、これで作り初めてしまうと、検索結果に表示されるまでに時間がかかるはずです。

 

ポイント

大きいキーワードの中にある「ボリュームのあるジャンル」を1つ選び、その中の方法1つにまず特化する

 

実際に作るとしたら、僕なら下のキーワードで作っていきます。

キーワード1(固定) キーワード2(固定) キーワード3(固定) キーワード4
30代 ダイエット 運動 ウォーキング カロリー
30代 ダイエット 運動 ウォーキング シューズ
30代 ダイエット 運度 ウォーキング ドリンク
30代 ダイエット 運動 ウォーキング 痩せない

 

検索ボリュームも調べてみると以下の数値です。10~100の物はライバルが少ないので、まだまだ上位表示が狙えますね。検索からの流入で記事の価値を強めていけるジャンルだと言えます。

狙うキーワード 検索ボリューム
30代 ダイエット 1000~1万
30代 ダイエット 運動 10~100
30代 ダイエット 運動 ウォーキング 10
30代 ダイエット 運動 ウォーキングシューズ 10
30代 ダイエット 運動 ウォーキング ドリンク 10
30代 ダイエット 運動 ウォーキング 痩せない 10

 

需要が高くライバルの多いキーワードの場合、上のような3語.4語含めたキーワードの記事を作っていくのがおすすめです。

ポイント

2語キーワードは固定で、3語以降を変えて記事を作っていくこと

 

ダイエットの場合、上の表のようにダイエットの中の関連記事を作ってまずは、「ダイエットをする方法」の「運動」の中の「ウォーキング」に特化していきます。

 

すると1点に集中した記事が貯まるので、Googleさんが評価してくれるんですね。僕は、他のジャンルでも同じやり方で別の記事を書いています。

 

ちなみにブログの構造がどうなるか少し説明すると、ダイエットテーマのブログの場合、カテゴリーとして運動・ウォーキングを作るイメージです。

 

キーワードを見つけて特化させる手順になれよう

キーワードを見つけるのが大変と思うかもせれませんが、ツールを使うと案外簡単に見つけることができるのでおすすめです。

ポイント

  • 特化ブログを作るためのキーワード選定
  • 特化ブログの中でさらに特化する

見つけたキーワードの中でさらに特化させられないか考え、より絞っていけばライバルの少ない隙間を狙った記事・特化ブログを作る事ができます。

 

おすすめコンテンツ


-ブログ運営, 副業・フリーランス
-

Copyright© フリフログ.Sns , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.