メリット



役立つ知識

現役フリーランスが感じている10のメリット【2018】

更新日:




どうも既婚在宅フリーランスの@Rioです。

働き方の1つとして認知されてきた「フリーランス」ですが、まだまだ実際に働いている人が感じている情報は少ないですよね。

 

実際働いて見たらどうなの?

って思いませんか?

 

そこで今回は、わたしが会社員から在宅フリーランスに転向して良かった~と心から思っているメリットについて紹介します。

 

もちろん、いいことばかりではありませんのでデメリットについての記事は、「在宅フリーランスになって感じたデメリット10個と解決方法」に書いていますので後ほどご覧ください。

 

 

 

現役フリーランスが伝える在宅フリーランスのメリット10

いろいろ書きだしてみるとメリットだと感じている事が、なんと10個もありました!

 

1.会社からの解放感がすばらしいよ!

働く女性画像

まず、実感したのは、上司・先輩・後輩・同僚との関係に気を使う必要がなく「ストレス」から解放されたことですね。

 

リオ
自由だ~

 

わたしと同年代の人ならある程度責任ある立場で働いている人も多いはず。わたしもいわゆる「中間管理職」と言われているポジションでした。

 

難しい上司や、コミュニケーションすら取りづらい後輩というのは、どんな会社にもいませんか?

 

上下に気を使い、自分のエネルギーを使い果たしていた自分がいたことに、フリーランスに転向してから気が付きました。

 

リオ
この面でのストレス0環境は最高です!

 

2.通勤時間が0時間!

起きたらすぐ職場の画像

在宅ですから職場は自宅。起きたらそこで仕事ができるのは、最高のメリットの1つです

 

わたしの場合、以下の通勤時間が必要でした。

  • バイクで30分
  • 自転車と電車なら1時間以上

通勤時間の長い人なら、2時間以上かかる人も珍しくないのでは?

それも毎日です・・無の境地に入らないとやってられませんよね。

 

拘束時間を計算してみましょう!

仮に片道1時間かかっていた通勤時間、往復2時間です。

どれくらい拘束されるでしょうか?

 

項目時間
日本の主な勤務時間9-18時
勤務時間9時間(休憩1時間)
通勤時間2時間

 

休憩時間が1時間ある会社が多いので、働いている時間は8時間です。そして、ただ移動する時間が2時間あります

2時間もあれば何ができるかなと考えた時、通勤時間って無駄な時間だなと思いませんか?

 

サラリーマンの実質時給は?

サラリーマン画像

通常拘束時間が9時間あり、通勤に往復2時間前後かかっている人の時給を計算してみました。

項目給料・時間
30代平均月収約35万円(年収420万)
勤務拘束時間(週5)11時間×22日=242時間
35万÷242時間1446円

通勤時間を含めるとサラリーマンの時給ってこんなに安いんです・・。

 

一度自分の給料を、通勤時間+勤務時間・残業時間で割って計算してみることをオススメします。

 

やはり、通勤時間0って素晴らしい時間の有効活用方法ですよ。

 

3.仕事場所は自由

職場

インターネットさえ繋がっていればいい「WEBライター」や「WEBデザイナー」などIT系の仕事の場合、仕事場所すらも自由に選択できます。

  • 自宅
  • カフェ
  • 移動中の電車・飛行機

どんな場所でも自由に仕事ができるのも在宅フリーランスの強みでしょう。

 

4.海外移住したい人にもピッタリ

フリーランス自由

インターネットさえ繋がっていればできる在宅フリーランスの仕事をしていれば、海外でも同じように日本円で収入を得ることが可能です

 

通常海外生活をして現地で働く場合、もらえるのは現地通貨ですよね。物価が安い国の場合は、働いても給料が安いため、とても豊かな生活などできません。

しかし、IT系の仕事をしていれば、海外に行っても日本と同じように仕事ができ、同じ給料がもらえます。

 

物価の安い国なら、必要な生活費は日本の3分の1程度。かなり豊かな暮らしができますよ。

 

5.好きな事を仕事にできる

イラストレーター

文字を書くのが好きならライター・ブロガー。デザインが好きならWEBデザイナー・イラストレーター。プログラミングが好きなら、SEといった好きな事を仕事にできるのも魅力ですよね。

 

日本社会でどれだけの人が自分の好きな事を仕事にできていると思いますか?

 

保険会社勤務時代わたしの周りで働いていた人で、保険会社で働きたくて働いていた人は、0人でした

 

フリーランスとしての仕事の種類は多くあり、自分の好きだったことを仕事にできるチャンスはいくらでもあります。

【副業を本職に!】フリーランスになるために大切な2ステップ

6.工夫次第でいくらでも効率化できる

仕事効率化

フリーランスの場合、自分で工夫すればするほど仕事を効率的にこなしていくことが可能です。

 

会社で仕事をするには、決まったマニュアルがあり、その通りに仕事をしなければいけません。

こうしたほうがいいのに、と思っても上司がOKしなければ勝手にすることもできず、職種によっては工夫すら許されないこともあるでしょう。

 

フリーランスになれば、全てが自分の自由です。効率的にすることもできますが、自分次第では非効率になってしまう点は注意が必要ですね。

 

7.頑張れば収入が増える

 

日本円

フリーランスは、自分が頑張って働いた分が全て収入になって帰ってきます。うまくいけば仕事量をセーブしなければいけないほどです。

 

自分の体調やペースに合わせて仕事を調整し、頑張れるときは頑張って収入を増やせる自由さもフリーランスならではのメリットでしょう。

 

リオ
月収何十万~何百万まで夢のある職業でもありますよ。

 

8.頑張った分評価される

パソコンを検索

フリーランスは、仕事のクオリティに比例してクライアントから評価されます頑張った分、自分の仕事が評価されるのは嬉しいものです。

サラリーマン時代は、仕事を機械的にこなしているだけで誰にも評価されず、できて当たり前と思われがち。そんな状態では、やる気もなくなりますよね。

 

フリーランスは、自分が頑張って作りだした物に対して必ず評価がされます。悪ければ悪い評価、良ければ良い評価を受け、次の仕事に繋がっていくものです。

仕事にやりがいを感じたい人にもオススメと言えますね。

 

9.私生活が充実する

ジョギングする女性

 

仕事と私生活の時間の使い方が自由なので、計画的に行動すれば私生活を充実させることができます

例えば、わたちも妻もこんな一日の流れで働いていることがあります。

ポイント

  1. 朝ウォーキング
  2. 朝ごはん
  3. 仕事
  4. カフェでランチ
  5. 買い物
  6. 仕事
  7. Freeタイム

私生活を優先することもできますし、仕事を優先することも可能。合間に仕事を入れたり、友達とランチに行ったりと時間の使い方は自分次第です。

 

家族との時間を大切にしやすい

サラリーマンで決まった時間にしか帰宅できず、朝早くまた出勤するような「すれ違い生活」も解消できます

 

勤務時代は子供が小さいと先に寝てしまうので、「週末しか起きてる子供が見れない。」と嘆いている同僚が大勢いました

 

在宅フリーランスなら気にすることなく、自宅でいつでも好きな時に子供と接することができるのもメリットですね。

 

10.介護・子育て中でも働きやすい

家族の写真

家族が病気で介護が必要な場合や、子供が小さくて働きに出れないお母さんでも、自宅なら働ける人が多いのではないでしょうか。

生きていれば何があるか分かりませんよね。

 

在宅フリーランスは、働き方しだいで家族の介護が必要でも、子供が小さくても自分にゆとりを持って接することができます。

 

働きに行けないどうしよう。

と悩んでいる人に是非オススメしたい生き方です。

 

まとめ

今回は、わたしが在宅フリーランスに転向してから実際に感じてきたメリットについて紹介してきました。

  1. 会社からの解放感
  2. 通勤時間は0時間
  3. 仕事場所が自由
  4. 海外移住にピッタリ
  5. 好きな事を仕事にできる
  6. 工夫次第でいくらでも効率化できる
  7. 頑張れば収入が増える
  8. 頑張った分評価される
  9. 私生活が充実する
  10. 介護・子育て中でも働きやすい

もちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。しかし、それ以上にフリーランスに転向すればサラリーマン時代とは違ったメリットを感じる事ができますよ。

在宅フリーランスになって感じたデメリット10個と解決方法

おすすめコンテンツ





-役立つ知識
-,

Copyright© フリフログ.Sns , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.