保険

フリーランス廃業に備えられる「小規模企業共済」に加入して老後の年金も補おう!

[st-kaiwa1]どうも、元保険会社員のRioです。今回は、フリーランス・個人事業主として働いておられる方たちに役立つ情報をお伝えしたいと思います。

さっそくですが、こんなことで悩んでいませんか?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa2]フリーランスになったのはいいけど、将来が不安だなぁ。もし、廃業してしまったら・・老後はどうしよう。年金だけで大丈夫かな・・[/st-kaiwa2]

 

これは、フリーランスや個人事業主になった人なら誰でも抱えている悩みですよね。

 

そんな悩みを解決する方法の1つ「小規模企業共済」について紹介します。

※2分ほどで読めると思いますので、お時間頂けると幸いです。

こんな方におすすめ

  • 将来に備えておきたい
  • 老後の退職金が欲しい
  • 仕事が続けられるか不安

 

では、さっそく「小規模企業共済」について見ていきましょう!

「小規模企業共済」がフリーランスにおすすめの理由

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココが重要[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]
  • 年金だけでは生活していけない
  • 廃業したときの保証もない
[/st-cmemo]

会社員と比較するとフリーランスは、さまざまな社会保障が受けにくいのが難点です。そのため、将来の備えは自分でなんとかしておく必要があります。

しっかり備えておかないと、将来困った事になる可能性も・・。

 

会社員とフリーランスの老後生活の違い

おじいさん画像

フリーランスになると会社員とは違い、年金のシステムが変わります。厚生年金がなくなり、受け取れるのは国民年金ですね

 

[st-kaiwa1]さて、仮に受け取れるのが国民年金だけだった場合、老後に安心して生活できるでしょうか?[/st-kaiwa1]

 

平成29年度のデータによると、国民年金を満額支払っている方の場合は以下の金額になります。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 年間受け取れる金額は1人779,300円(夫婦で130万)
  • 月の給料が64,941円(夫婦で13万)
[/st-mybox]

 

[st-kaiwa2]家賃やローンを払ってたら・・とてもじゃないけど生活していけない・・[/st-kaiwa2]

 

そう考えて、今から備えておきたいと思う人が多いのも当然のことですよね。

 

だからこそ、まだ収入があるうちから将来に備えておく事が助けになります

 

[st-kaiwa1]では、「小規模企業共済」が与えてくれる安心とはなんでしょうか?[/st-kaiwa1]

 

それは、さきほどお伝えした問題点2つを解決してくれることです。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココが重要[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]
  • 年金だけでは生活していけない
  • 廃業したときの保証もない
[/st-cmemo]

 

では、それぞれ分かりやすく説明していきますね。

 

年金に加えて退職金としてまとまったお金が手に入る

退職を考える男性

小規模企業共済に加入すると、毎月1,000円からお金を積み立てていくことができます。

そして、それはあなたが仕事を辞めた時、廃業したときに全額戻ってくるんです

 

例えば:毎月あなたが1万円の掛け金で加入した場合

納付月数掛金合計支払い方法A支払い方法B準共済金
5年60万62.14万61.46万60万
10年120万129.06万126.08万120万
15年180万201.1万194.04万180万

 

1万円の掛け金で15年間支払った場合

[st-mybox title=”受け取り額” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

支払い方法A(共済金A)=201万

支払い方法B(共済金B)=194万

[/st-mybox]

支払った金額以上のものを受け取ることができるのも「小規模企業共済」のメリットです

 

支払う金額は自由に調整でき、最低1000円からはじめて500円単位で最大7万円までの掛け金に設定できます。

 

フリーランスは、収入が一定金額で安定しにくい場合も多いですよね。始めたばかりならなおさらです。

 

そのため無理の無い範囲で金額設定できる「小規模企業共済」は、フリーランスにピッタリの老後の備えです。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]おすすめ[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-thumbs-o-up” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

収入が仮に少なくても早めに加入しておき、収入が上がってきたら1000円以上にするといいですよ

[/st-cmemo]

 

こちらの公式サイトから自分の好きな金額を設定して、将来受け取れる金額をシュミレーションできるので試してみてくださいね。

 

 

もしものフリーランス廃業に備えられる

職探し

廃業してしまった場合、会社に雇ってもらっている人は失業保険が出ますが、フリーランスは失業保険を受け取ることができません

 

そのため、廃業時の備えとして「小規模企業共済」に加入している方も大勢おられます

 

廃業時でも退職金と同じく、積み立ててきたお金を受け取ることができるので、職探しをしなければいけなくなっても安心ですね。

 

フリーランスの世界も必ずしも安定しているわけではありませんよね。急に仕事がなくなって、別の仕事をしなければいけなくなることも想定しておくのは良いことです。

 

ちょっとした豆知識:廃業しないと受け取れない?

お肉屋さん画像

公式ページを見るだけでは、かなり分かりにくくなっているのですが、実はやめなくても受け取ることができます

 

[st-mybox title=”条件は2つ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

15年以上掛け金を払っている

満65歳以上

[/st-mybox]

 

この2つの条件を満たしていれば、仕事を続けていても共済金を請求することができます。

 

まとめ

「小規模企業共済」は、老後に備えたり廃業に備えるためにも大切な保険です。

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]問題も解決![/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]
  • 足りない年金を補ってくれる
  • 廃業時の失業保険変わりになる
[/st-cmemo]

「小規模企業共済」は、数多くある保険の中でも国が作った経営者のための退職金制度という点も安心できるポイントです。

 

フリーランスが不安になる問題点をしっかり補ってくれる保険として、加入するかどうか検討してみることをおすすめします。

 

 

[st-kaiwa1]実はこの共済保険のメリットは、これだけではありません。

また他のメリットやデメリットについて別の記事で書きたいと思います。[/st-kaiwa1]

 

保険
最新情報をチェックしよう!