特化ブログ作成

読まれる特化ブログの作り方を3ステップで解説!初心者から脱出しよう

 

[st-kaiwa2]ブログを作ってみたいけど、難しいんでしょ?ブログ作ったのはいいけど全然見てもらえないし、どうしたらいいかもわからないよ・・もうあきらめようかなって思ってます。[/st-kaiwa2]

 

ブログをはじめたばかりの人、これからブログを書こうと思っている人なら、悩むポイントかもしれませんね。

 

  • PV数を毎日見て今日こそ増えてるかも!でも増えてない・・
  • PV数なんて増えないじゃないか・・
  • ブログの作り方が正しいのかも分からない・・

 

そんな悩みを持ってブログを続けるのが辛くなってくる人もいるはず!

 

[st-kaiwa1 r]この記事は、そんな人にこそ知って欲しい情報です。PVを上げていくために初心者さんがしておきたい基礎中の基礎を紹介しています。分かりにくい部分は図で説明しています。[/st-kaiwa1]

 

[st-cmemo fontawesome=”st-svg-bigginer_l” iconcolor=”#9CCC65″ bgcolor=”#F1F8E9″ color=”#000000″ iconsize=”100″]想定している読者さん

[st-mybox title=”” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 特化ブログをこれから作る人
  • ブログを作り始めた初心者さん
  • 記事を書いたけど検索流入が少ない人
  • ブログ全体の検索順位を上げたい人
[/st-mybox][/st-cmemo]

 

今の自分の状況に当てはまっていますか?

 

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

あくまで、この記事は初心者さん向けの基本的な記事。PV数が5桁超えており、ノウハウを持っている人は、すでに実践している方法のはずです。

[/st-mybox]

 

こんな事が理解できます

  • この方法を取り入れた結果(僕の実績を公開)
  • ブログの設計方法(実例で具体的に紹介)
  • 個別記事の順位を上げる方法(条件があります)
  • していない人が多いブログ順位を上げる方法

 

ここの意味が難しい・やり方が分かりにくいなどありましたら、教えてください。

 

方法を取り入れた特化ブログの実績を公開

実績

まずは、この記事で紹介する方法の根拠として、Googleさんに怒られない範囲の情報を実績として掲載したいと思います。

 

+ PVの意味が分からない人は、ここをクリック

ページを見られた回数のことを表わしています。

 

以下は、2018年に初心者ブロガーとしてスタートした当初のデータです。

+ 2018年8月のブログデータ(クリックで開きます)

当時の特化ブログ状況

収益化アドセンス・Amazon物販使用
記事数70
記事数
当時の記事数SS

 

+ PV数の変化(クリックで開きます)

ページビュー
Googleアナリティクスデータ

ちなみに4月に記事を書きだして、5月に少し増加。6月くらいにPVが増えだして、7月は3万PV程度でした。

 

7月当時の特化ブログのPV数

PV数
2018/7月当時のデータ

8/1~29の特化ブログPV数

8月PV
2018年8月当時のデータ

+ 2018年10月データ(クリックで開きます)

201810データ

クリックで開かれる内容です

7月当時は、PV数3万程度だったのが8月には8万弱になり、10月にはメインブログ単体で15万を超えています。

 

[st-kaiwa1 r]ちなみにこの記事を書いている「フリブログ」は、30記事でPV1万弱。収益4~5桁程です。[/st-kaiwa1]

 

もちろん自己アクセスは、Chromeのツールを利用して除外しているので、純粋に外部からこれだけ見てもらえました

 

[st-card id=”1049″ label=”詳しく見る” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”off”]

 

こうなったのには、もちろん理由があります。

 

では、その理由を詳しく説明していきますね。

 

特化ブログのPVを上げるための「3ステップ」

ポイント

Twitterでもツイートしてますが、この期間に記事を大量投入したわけでもなく、やってきたのは別のことなんです

 

 

上で4つ上げていますが、それを全て同時するのは、初心者さんにとってハードルが高すぎますよね。ほどほどの難易度にしていますので安心してください。

 

では、以下の3つのステップを紹介します。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 特化用のブログ設計
  • リライトで記事を強化
  • 内部リンクの調節
[/st-mybox]

 

では、それぞれ詳しくStepごとに説明していきたいと思います。

 

Step1:「特化ブログ」は設計してPVを上げる

ブログを設計

ブログやサイトは、しっかりと設計すれば答えが出るので分かりやすいですね。長期間やっていて結果が出ないのであれば、何か間違えているかも・・と考えてみたほうがいいかも。

 

でも、ブログを設計するという考え方が分からない人もいるはず。そこで、この見出しでは以下のポイントについて説明していきます。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  1. 専門書を作るイメージ
  2. なんで設計をする必要があるの?
  3. 具体的にどうやって設計するの?
  4. 何か実例はないの?
[/st-mybox]

 

1:特化ブログ設計イメージは「専門書」のようなものです

 

まずは、「特化ブログの設計ってこんなイメージですよ。」という話からしていきます。

 

[st-kaiwa1 r]あなたは、専門書を見たことはありますか?法律・FX・ブログ・攻略本なんでもOK。見たことがある人は、以下のような作りになっていたと思います。[/st-kaiwa1]

 

[st-mybox title=”専門書の構成” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • タイトル
  • 目次
  • 専門知識1
  • 専門知識2
  • 専門知識3
[/st-mybox]

 

[st-kaiwa1 r]この作りは、「特化ブログ」を作るときに考える設計図と同じです。[/st-kaiwa1]

 

それぞれ以下のように考えることができます。

 

[st-mybox title=”答え” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • タイトル=ブログのテーマ
  • 目次=カテゴリ
  • 知識1=関連カテゴリ1
  • 知識2=関連カテゴリ2
  • 知識3=関連カテゴリ3
[/st-mybox]

 

実例として、このブログの場合で説明したいと思います。

+ このブログの場合(クリックで開きます)

フリブログの設計

[st-mybox title=”” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

このブログの場合、フリーランスという大きなテーマの中でこの記事を書いています。

  • フリーランス/副業
  • SNS攻略
  • 保険攻略

が、その中の何(専門知識)に当たる部分です。

 

ちなみにこの記事は、

  • フリーランス/副業 ➔ ブログ

について書いています。

[/st-mybox]

 

フリーランスに関する専門書を作るのが最終目標。このキーワードを意識したブログ設計こそが「特化ブログ」作りです。

 

[st-kaiwa1 r]ここまでは、あくまで設計のイメージについてです。では、ここから設計しておくことのメリット・設計方法を紹介していきます。[/st-kaiwa1]

 

2:最初に設計しておけばネタに困ることはありません

 

[st-kaiwa2]ブログってまず何からすればいいのかわからない。途中で記事何書けばいいのか分からなくなってきた・・もう書くネタがない[/st-kaiwa2]

 

そんな状況になってしまう人も珍しくないですよね。だからこそ続かない人が多いとも言われている世界。では、どうすればいいでしょうか?

 

必要なこは、前もってしっかり設計しておくことです

 

しっかり設計するというのは、どこまでのレベルなのか・・初心者でもできるのか、気になるところですよね。でも、そんな難しいことはしていません。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • テーマを決め
  • キーワード選定を行い
  • ネタをあらかじめ確保しておく
[/st-mybox]

 

テーマが決まっているのは当然ですが、キーワード選定を終わらせて、あらかじめネタを確保しておくだけで、何を書こうと迷うことがなくなります

 

[st-kaiwa2]毎回記事を書こうと思った時にキーワードを考えていると、いつのまにか雑記ブログみたいになってた・・。なんかテーマに統一性がなくなってしまう。[/st-kaiwa2]

 

毎回、書きたい内容を見つけて、キーワードを見つけていくと問題を抱えやすいでしょう。あなたがその時に書きたいことが中心になってしまい、ブログそのもののテーマを中心にできなくなるからです。

 

あらかじめキーワードを決めておき、ストックしておけばそんな心配もありません。

 

[st-kaiwa1 r]では、具体的にどうやってキーワード選定をしていけばいいのか見ていきましょう。[/st-kaiwa1]

 

3:具体的な設計:キーワードの選び方は2つです

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 選ぶべきキーワードを選ぶ
  • 検索結果ナンバー1になれるキーワードを選ぶ
[/st-mybox]

 

それぞれを詳しく紹介します。

 

選ぶべきキーワードを選ぶ

中でも特にキーワード選びに拘る必要があります。

 

[st-kaiwa1 r]次のポイントを大切にしましょう。[/st-kaiwa1]

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 選ぶべきでないキーワード
  • 選ぶべきキーワード
[/st-mybox]

 

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

[st-card id=”1305″ label=”詳しく見る” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”off”]

 

ちなみに、Twitterでもつぶやいていますが、こんな方法でキーワードを見つけることもできます。

 

検索結果ナンバー1になれるキーワードを選ぶ

 

[st-kaiwa1 r]それが分かれば苦労しない!と思いますよね。[/st-kaiwa1]

 

ここで利用するのは、保険会社時代に勉強した戦略なのですが、「ランチェスター理論」というものを利用しています

 

ちなみにこれは、しっかりしたビジネス業界で利用されている戦略で、しっかり理解すれば結果がでてくるものです。ライバルが多数いる中で、中小企業がやっていけるのは、なぜだと思いますか?

 

詳しくは下記の記事に書いていますので、参考にしてください。

[st-card id=”1379″ label=”詳しく見る” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”off”]

 

4:実例で説明!美容特化ブログを作る場合の設計

美容画像

 

[st-kaiwa1 r]例えば、あなたが「美容」に特化したブログにしたいと思った場合で考えてみましょう![/st-kaiwa1]

 

いきなり「美容」や「美容・おすすめ」でTOPは取れません

 

上の見出しで説明している「ランチェスター理論」を元に、「どこの・だれに・何を・どうしたいか」をまず決めてください。

 

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

美容関係の商品やサービスをただ進めるのではなく、「どこだれに進めるのか」が大切

[/st-mybox]

 

リサーチには以下のツールを使います。

[st-mybox title=”ツール” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

関連キーワードツール

Adwords(要Googleアカウント)

[/st-mybox]

 

関連キーワードツールは、とても便利なツールですので、しっかり使いこなせば大きな武器になってくれるでしょう。

 

ツールの使い方は、下記の記事で詳しく説明しています。

[st-card id=”1316″ label=”詳しく見る” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”off”]

 

さて、次にツールで取得したキーワードを「Adwords」に入れて検索ボリュームを調べて、ボリュームのあるキーワードを残していきます。

 

美容特化ブログを作りたい場合、関連テーマになる「キーワード」がたくさんありますね。

[st-mybox title=”木になるキーワード” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • スキンケア
  • エステ
  • ダイエット
[/st-mybox]

 

美容という大きいワードの中に「ダイエット」という関連ワードカテゴリーを作る場合、以下のキーワードが使えるかなと思います。

関連ワード(中カテゴリ)小カテゴリKW
ダイエットサプリ+効果男性
ダイエットサプリ+効果海外
ダイエット運動+ウォーキング時間
ダイエット運動+ウォーキング効果
ダイエット食事+制限
ダイエット食事+制限2週間

 

こんなふうにキーワードを出してきたら僕は、さらに工夫しています

 

[st-kaiwa1 r]さらに絞った特化ブログにすれば、より早く検索結果への表示が期待できる[/st-kaiwa1]

 

もし、ダイエット特化ブログにするのであれば、さらにワードを抜き出していく感じです。

 

[st-card id=”1446″ label=”詳しく見る” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”off”]

 

5:ここまで完成したら記事を書く!

さて、ここまでブログを設計していく手順について書いてきました。

 

[st-kaiwa1 r]あなたの書きたいテーマの専門書を作るイメージです。ここに時間をかけるかかけないかで、ブログの出来が変わってきます。じっくり時間をかけてブログテーマの関連キーワードの選び方・キーワード選定まで先にやってしまいましょう![/st-kaiwa1]

 

キーワード選定まで終わったら、選んだキーワードに対する答えになる記事を書いていってください。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

ここまでが、ブログを初めて20~30記事位書くための基本です。

 

次の「Step2」は、以下の条件をクリアしている人を想定しています。

  • 20~30記事かけた人
  • ブログを開始して1ヶ月以上たっている人
[/st-mybox]

 

では、条件をクリアしている人は、次の「Step2」へ行きましょう。

 

まだ、そこまでいっていない人は、「Step1」です。

 

Step2:個別記事の順位UPには無料ツールを利用した「リライト」が必要です

リライト

選んだワードが正しければ「サーチコンソール」のクエリが貯まってくるので、それを元にリライトしていきます

+ リライトとは?

すでにある文章を編集していく作業のことをリライトと言います。

+ サーチコンソールとは?

Googleアカウントを持っていれば誰でも利用できる無料のツールです。

サーチコンソールの設定を行っておけば、自動で検索されたキーワードを知ることができます。

まだ、利用していない人は、登録しておくといいですよ。

+ クエリとは?

あなたのブログに訪問するときにユーザーさんが使用したキーワードのことです。

 

なぜ「Step2」に行くには、20~30記事必要か、1ヶ月ほどたっている必要があるのか?

 

サーチコンソールに検索クエリーの結果が出るまで、しばらく時間がかかるものだからです

 

当然表示されないキーワードでいくら狙っていてもデータは、たまってくれません・・。そのため、リライトに必要なデータを得るためにも、ブログ作ってから1ヶ月以上は様子をみることをおすすめします。

 

「サーチコンソール」にデータが表示されだすと以下の情報が出てきます。

[st-mybox title=”” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 平均順位
  • クリック数
  • 表示回数
  • キーワードごとの順位
[/st-mybox]

 

こんな感じです。

サーチコンソール画像
サーチコンソール画像

 

では、ここに出てくるデータを活用して、どうやってリライトする記事を決めるのか見ていきましょう!

 

サーチコンソールを使って特化記事をリライトする基準

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 下位ページにあるのに表示回数が多い
  • 1ページ目にあるのにクリック率が低い
  • 狙っていないキーワードなのに上位表示
[/st-mybox]

 

[st-kaiwa1 r]上記の項目に当てはまる記事は、ありますか?[/st-kaiwa1]

 

そのキーワードで表示されている記事は結構狙い目です。

 

なぜか?

 

1ページ目に情報がなくて、2ページ目まで探しに来ている人が多いキーワードだからですね

 

また、1ページ目にあるのにクリックされてない記事は、タイトルがユーザーの見たい内容とマッチしていない可能性があります

 

リライトする方法

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 上位表示されているのに記事がクリックされていない場合は、キャッチーなタイトルに変更する
  • 2ページ目にあるのにかなり表示されているなら、上位表示されている記事の内容も含めた記事にリライトしてみる。
  • 狙っていないキーワードで上位表示されているなら、表示されているキーワードで記事を作るor内容として追加する。
[/st-mybox]

 

+キャッチーなタイトルとは?

検索してきた人がおもわずクリックしたくなるような「タイトル」のことです。

  • 狙ったタイトルを最初にもってくる
  • 希少性を入れる
  • 具体的な数字を入れる

など、いろんな方法がありますね。

[st-kaiwa1]実際に検索してみて、この中で自分ならどれが気になるかな?って考えてみるのがオススメですよ[/st-kaiwa1]

 

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

タイトル編集する場合、狙うキーワードを絶対に消さないようにしてください。キャッチーなものにしようとして、狙っていたキーワードが入らなければ意味がなくなってしまいます。

[/st-mybox]

 

上位表示されている記事は、Googleが狙ったキーワードで評価している記事です。

+ 上位表示されている記事を含めたリライトとは?

そこで、上位表示されている記事を確認し、その中に書かれていないオリジナルの情報・より詳しい情報を入れることが大切。

[st-kaiwa3]そのワードで検索している人は、なんで2ページ目まで閲覧しに来ているんだろう?[/st-kaiwa3]

そう考えて、記事をリライトしてみてください。

さて、ここまでくると検索流入のある「個別記事」も強くなってきます。

 

でも、ブログ全体の順位を上げたり・全体的に見られたりされる状況にはなっていないですよね。

 

[st-kaiwa1 r]ライバルが強い可能性もありますので、記事数を増やしながら次の「Step3」へ行きましょう![/st-kaiwa1]

 

Step3:ブログ全体の評価を押し上げる「まとめ記事」とは?

内部リンクを使った記事

ここまでStep1・Step2を通して、特化ブログを設計してキーワードを見つけ、特化記事を書いてリライトしていく方法を紹介してきました。

 

次のStep3では、関連テーマ内で書いていた特化記事を「内部リンク」でつないだ「まとめ記事」を作成していきます

 

まとめ記事とは?

関連ワード小カテゴリKW
ダイエット食事+制限
ダイエット食事+制限2週間

 

例えば、上記のキーワードで記事を作成していた場合で考えてみましょう。

 

小カテゴリ「食事+制限」の中にある「男・2週間」を使った記事を2つ書いているとします。同じ小カテゴリ内の記事でまとめられるものがあれば、まとめを作りましょう!

 

例えば、「ダイエットにおすすめ!食事制限で知っておきたい2つのポイント」というタイトルで記事を書くこともできますね。タイトルは適当ですが・・。

 

たくさんの内容を「まとめ記事」に入れられるほど、その記事のパワーは上がります。ただし、同じ内容を書いていくわけではありません。

 

[st-mybox title=”簡単な作り方” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • まとめ記事のテーマ「カテゴリ」内容
  • 個別記事内容ではなく、導入文と読むメリットを書く
  • 「詳しくはこちら」で「内部リンク」で個別記事へ
  • 個別記事の最後に「まとめ記事」への内部リンクを設置
[/st-mybox]

 

+ まとめ記事を図で見る

まとめ記事の構成サンプル

 

 

まとめ記事がSEOで強い!理由はこれです

まとめ記事は、Googleにも評価されやすく単体記事よりも上位表示されやすいのがメリットです。

 

実際、僕が運営している複数のブログでは、単体記事へのPV数をまとめ記事が抜いており、狙っているキーワードでも単体記事を抜いて上位表示されています。

 

[st-mybox title=”メリットの要点” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 回遊率が上がる
  • 読まれている記事から「まとめ」へ移動させるルートができる
  • まとめ記事から他の個別記事へのルートも作れる
  • 良く見られる=SEOで強い
[/st-mybox]

 

しない理由はありません。

 

同じ方法をレクチャーした妻のブログのキーワード順位

妻のブログの順位
ブログデータ

 

記事の数は、わずか9記事。狙ったキーワードは、ほとんど1ページ目に表示。赤線部分以外は全て2語ワードの順位です。

 

もちろん、この記事で紹介したようにKWをいくつか組み合わせた超特化記事を作っています。PV数の少ない絞ったキーワードで狙っていますが、月PV数は2000UP・月4桁の収益も発生中

 

[st-kaiwa1 r]もちろん記事数が少ないので、まだ「Step1」の段階です。ブログなんて書いたことのない妻でも結果が出たなら、自分でブログを作れる初心者さんはもっとできますよ。[/st-kaiwa1]

 

Step1.2.3の基本を繰り返せばブログ全体が強くなる

この記事では、初心者さんが特化ブログをスタートしてから読まれるブログにするまでにやっておきたい基本的なことを紹介しました。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  1. 特化ブログの設計を行い特化記事を書くこと
  2. 記事書いて1ヶ月以上たっているなら「リライト」
  3. 特化記事をまとめた記事を書くこと
[/st-mybox]

 

あくまでこの記事にあるのは、初心者さんが読まれる特化ブログを作るための3つのステップです。

  • なかなか結果が出なくて困っている人
  • ブログを書きだして何ヶ月も経過しているのに読まれていない人

はこの方法を読むだけでなく、実際に1ステップごと実践していけるかで結果が変わってきます。

 

みなさんの参考にしていただけると嬉しいです。

特化ブログ作成
最新情報をチェックしよう!