フリーライター 副業・フリーランス

ライターになるなら抑えておきたい5つのポイント!クラウド活用方法も

更新日:

フリーライター画像

 

フリーライターを目指そうかと考えているんだけど、食べていけるのかな?これからはじめるために準備したほうがいいものは何?クラウドソーシングってどうやって活用すればいいの?

 

副業にしても専業にしてもフリーライターを目指すなら知っておきたいことがいくつかありますよね?

不安もあると思いますが、方法さえ分かってしまえば、食べていくことは可能です

 

今回は、以下の情報を紹介しています。

理解できること

  • フリーライターは副業向き?
  • ライターになるなら整えたい環境
  • クラウドソーシングサービス活用方法
  • フリーライターとして生活できる?
  • 初心者ライターの業務内容は?

 

この記事はフリーライターになりたい・もしくは副業ライターになりたいと考えている人を対象にして書いた記事です。

 

副業フリーライターをおすすめする理由

帳簿

ライターは、初心者で記事を書いた事が無い実績が無い)場合でも挑戦できるのがメリット。何の資格も必要ありません。「今日からライターです。」と言えば極端な話、あなたもライターです。

 

また、自分のペースで始められるのも副業に向いています。どれくらいの金額を稼ぎたいのかに合わせて書く記事の本数を調節できるのは魅力ですよね。

 

ポイント

  • 忙しい時期は執筆本数を減らす
  • 稼ぎたい時は記事を書きまくることも可能

 

あなたの本業や家族との時間の過ごし方に合わせて、仕事を調節できるのはライターの魅力。あくまで副業なら、無理のない予定を立てて、ストレスにならない程度に抑えることができるでしょう。

 

では、ここから副業・本業としてフリーライターを目指す人が準備しておきたいものを紹介します。

 

クラウドソーシングで食べていくために準備しておきたいもの

ライターになるために何が必要なのか分からない人は、以下の4つのものを揃えておきましょう。

必要なもの

  • パソコン
  • ネット環境
  • ネットバンク
  • 免許証データの作成

 

副業から専業を目指す人は、こちらもチェックしてください。

必読
ブログ設計画像
副業から専業フリーWEBライター・WEBデザイナーになる前に知って欲しい4つのポイント

 

パソコンはサクサク動いてくれればOKです

パソコン画像

 

あなたは、どんなパソコンを使っていますか?

 

本気でやりたいと思っているなら、快適に動いてくれるパソコンを使ってください

 

「そんなに性能いらないでしょ?」と思うかもしれませんけど、動きの遅いパソコンだとそれだけで効率が悪くなるものです

 

ポイント

時間=お金

これを忘れないようにしましょう。

 

ゲーミングパソコンほどの高機能は必要ありませんが、最低限のスペックは必要です。持ち運びやすい「MacBook Air」は良く利用されています。

外に出て記事を書きたい人は、軽量で持ち運びやすいMacがいいかもしれません。動画処理をしたい・Youtubeに動画をUPしたい人でも無い限り、MacBookProは必要ないでしょう

 

必ずMacがいいというわけでもなく、WindowsでもOK。10万円以下のOfficeが付属しているパソコンも十分つかえます。

created by Rinker
ASUSTek
¥89,779 (2019/09/20 19:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

大切なのは、執筆しやすい環境作り。モニターを複数利用するのもいいでしょう。

 

2画面表示できるウルトラワイドモニター▶は、かなり優秀です。

 

快適なネット環境は必須!スマホのテザリングは止めましょう

スマホ画像

 

あなたの家のネット環境は、安定していますか?

 

マンションなら光回線やケーブルだと思われますが、不安定な回線を利用していたり、スマホのテザリングでなんとかしようと思ったりしていませんか

 

ネット環境は、仕事効率にも関わるので注意してください。ャンペーンなども確認し、自宅環境に合わせたネット環境を作るようにしましょう

 

 

振り込み手数料を抑えられる「ネットバンク」がおすすめ

お金マークの画像

クラウドソーシングから報酬を受け取るために銀行口座が必要になりますが、振り込み手数料をできるだけ抑えたいですよね

 

クラウドソーシングの会社からの振り込み手数料を安くするには、楽天銀行」などのネットバンクが便利です。例えば、楽天ならクラウドワークスからの振り込み手数料を安く抑えられます

 

また、ネットバンクにしておけば、今後の確定申告時にも便利ですので、先のことも考えて仕事専用口座を作っておくといいでしょう

 

 

クラウドソーシングで使用する「本人確認データ」を作っておこう

身分証明画像

免許証・パスポートなどをスマホで撮影してパソコンに保存しておくだけで準備完了です。

 

クラウドソーシングに登録するさいの本人確認に使用します。依頼者目線で言えば、しっかり「本人確認手続き」している人に頼むのが安心ですよね。

 

本人確認書類

  • 健康保険証・被保険者証
  • 住民票
  • 住人基本台帳カード
  • 外国人証明書

 

次に、知っておきたいのは、初心者ライターさんが活用できるクラウドソーシングサービスです。

 

初心者ライターが知っておきたいクラウドソーシングの仕組み

ここでは、副業として利用しやすいクラウドソーシングの仕組みについて紹介します。

 

※まだまだたくさんありますが、ライター向けなら上記が有名ですね。

クラウドソーシングってどんな仕組みなの?

クラウドソーシング画像

「クラウドソーシングはあやしい。稼げない」と感じている人もいるかもしれませんが、しっかりとしたサービスなので安心してください。

 

お仕事の仕組みは、以下の流れです。

step
1
仕事を外注したいクライアントがクラウドソーシングサービスを利用

企業でも個人でもクライアントになることが可能です。よくTwitterでも外注するという表現が使われていますね。

 

step
2
クラウドソーシングは仕事内容を掲載(仕事の仲介をする)

クラウドソーシングサービスは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事が欲しいフリーライターの仲介業務による手数料で運営されています。

 

step
3
掲載されている仕事にフリーライターが申し込む

掲載されている仕事は豊富です。自分にあった仕事を選択して申し込めるようになっています。

 

step
4
クライアントが申し込んできた人の中から依頼する人を選ぶ

申し込み=即採用ではなく。多数の申し込み者の中からクライアントがフリーライターを選び、仕事を依頼するシステムです。必ず採用されるわけではありません

 

step
5
お客さんから仕事の詳細が提示され、合意すれば仕事開始

クライアントから選ばれた場合、クラウドソーシングサービス内のチャットで連絡があります。仕事内容の確認がされ、あなたが合意すれば仕事開始です。

 

step
6
記事が完成したら納品・編集の必要がなければ仕事完了

クライアントに指定された方法で記事を執筆・納品をします。問題がなければ仕事が完了し報酬が支払われます。

 

step
7
クラウドソーシング経由で報酬が支払われる(20%ほど仲介料が引かれます)

支払われる報酬から仲介手数料として10%~20%クラウドサービスに引かれた金額が、次の月かその次の月に指定口座へ振り込まれます

引かれる手数料は、利用するクラウドソーシングサービスによって異なるため、手数料でサービスを選ぶのもありです。

 

仕事をする側は、一切お金を支払う必要がないのも特徴ですね

 

でも、実際に食べていけるのか・・・気になるところですよね?

 

クラウドサービスでフリーライターとして食べていけるの?

食べていくことは可能です。

食べていくためにはクライアント・報酬単価選びが大切

smartphoneを持つ男性

クラウドソーシングを利用したライターの場合、主に文字単価や1記事何円で報酬が決まっており、スタート時は、1文字0.5~1円前後が多いでしょう

 

それ以下の単価も、もちろんあります。高単価案件を受注したいなら、じっくり探してください

 

可能なら、1文字1円以上になる企業がオススメです。専門的な知識があるなら高単価案件も狙えます。

単価の目安

  • 0.5円:5000文字=2500円
  • 1円:5000文字=5000円
  • 1.5円:5000文字=7500円

文字単価は、1文字で考えると分かりにくいかもしれません。しかし、文字数が多いほど差が出てきます。

 

  • 1文字1円で3000文字の記事を何時間で書けるでしょうか?
  • 月に15万円必要なら、何本記事を書く必要があるでしょうか?

 

注意ポイント

生活していくのであれば、月にいくら必要なのか。そのために文字単価何円の記事を何本書く必要があるのかを考え、逆算して受注する本数を決めましょう。

 

クラウドソーシングを利用する場合、クライアント選びにも意識しておきたいポイントがあります

 

クラウドソーシングのクライアント選び!ポイントは5つです!

writer文章

 

最低限意識しておくといい5つのポイント。

 

ポイント

  1. 得意分野の案件に申し込む
  2. 文字数が多い案件を最初から選ばない
  3. 文字単価1円以下ばかりに申し込まない
  4. 文字単価UPの可能性のあるクライアントを選ぶ
  5. クライアントを1社に絞らず、複数持つ

 

以上のポイントを意識して、最初はクライアントを探すようにしてください。

 

それぞれの理由を説明します。

 

得意分野の案件に申し込もう!

特に意識しておきたいことですが、単価ではなく、得意分野・知識をすでに持っている分野の案件に申し込むようにしてください。知らない事を書くのは高難度です。

可能ならずっと自分の好きなこと・すでに知っていることを書く案件を選びましょう。そうすることで、継続もしやすく、楽しく記事が書けます

 

文字数が多い案件を最初から選ばない

記事を書いたことのない人は、文字数の少ない依頼をこなし、まずは実績を作っていきましょう。どれだけ書ける能力が自分にあるのか最初は分からないはずです。

クラウドソーシングは、書けば書くほど実績が貯まっていくシステム。それは何文字の案件だろうと同じです。わざわざ最初から文字数の多い案件に挑戦する必要もありません。

少しずつ文字数を上げていくのが無難ですが、経験も自信もあるなら、最初から3000文字以上の案件に申し込むといいでしょう。

 

文字単価UPの可能性があるクライアントを選ぶ

申し込むときにチェックしておきたいのが、提示されている単価がすでに最大なのか、上がる可能性があるのかです。0.5円スタートでも継続していけば、1円~1.5円まで上がる案件があります。

最初は、「仕事さえあればいい。」と思いがちですが、いくらやっても上がらないクライアントは、疲弊してしまいます。あなたの価値は、記事を書くほど上がっていきます

記事執筆スピードも上がりますし、文章力も上がっていくので当然ですよね。あなたの事を正当に評価してくれるクライアントを探し、契約していきましょう

 

文字単価1円以下ばかりに申し込まない

注意ポイント

初心者ライターさんは、実績を積んできたら意識してください。

スタートした時は、実績もないので文字単価の低いタスク案件しか受注できないかもしれません。しかし、いつまでも低い位置に留まらないで下さい

何記事か書いてクラウドソーシング上での実績・提示できる記事があるなら、単価の低い案件ではなく、文字単価1円以上にも積極的に申し込みましょう。

以前は難しかった案件でもクライアントの目にとまるかもしれません。何度申し込もうとあなたにデメリットはありません。気楽にチャレンジしてください。

 

クライアントを1社に絞らず、複数持つ

注意ポイント

ある程度執筆に慣れてきて、収入も安定してきたら必ず意識してください。

これはリスク分散のために必須です。いつまでもクライアント側が順調とは限りません。企業がつぶれることもよくあります。

もし、1つのクライアントに依存してしまうと、一気に収入が0円なんてことに・・・。自分に必要な金額を計算し、リスク分散のために4~5社ほど契約しておくのがおすすめです

目安としては、1社あたりから得る収入を全体の20%~30%位にしておくと、急に1社潰れてもパニックにならずにすむでしょう。

 

フリーライターを目指すなら最初は修行だと思おう!

遭難する男性

ライターを続けるためのマインドの話になりますが、リーライターとして食べていこうと思うのは決して楽なことではありません

フリーランスだから時間を自由に使える・通勤もない・上司もいない・不要な人間関係のトラブルも抱えない。など良い面ばかりに注意を向けないようにしましょう。

 

  • 思ったようにいかない時もあります。
  • 思い描いていたのと違うと感じることもあるでしょう。
  • そもそも文章を書くのが向いていない人もいます。

 

メリットも確かに大きいですが、デメリットも理解しておくことが大切です。

しっかり理解した上で、フリーライターを目指しましょう。

 

では、次にフリーライターとしての仕事内容も少し紹介します。

 

フリーライターのお仕事内容は?

初心者でも挑戦しやすし仕事は2種類あります。初心者さんがすることのない案件は除外して説明しますね。

クラウドソーシングを使った仕事のスタイルは大きく分けると2つ

サグーライティング画像

サグーライティング画像

 

初心者のライターさんは以下のどちらかでスタートすることになるでしょう。

 

  • 単価低め、500円程度の記事をたくさん書く
  • 単価高め、文字数の多い記事を書く

 

単価の低い「タスク作業」

単価の低い記事に関しては、タスク作業といってクラウドサービスに登録すれば契約無しですぐにできる仕事です。

※サグーライティングは、基本的にタスク作業のみなので、気軽にやりたい人におすすめ。

 

単価の高い「プロジェクト」

単価の高い仕事は、プロジェクトといってクライアントと契約して記事を書いていくお仕事です。

※クラウドワークス・ランサーズに多くの案件があります。

 

テストライティングがあったりと、ハードルが高そうに思えますが、手順が分かれば誰でもできるので安心してください。

 

フリーライターはどんなことを書くの?

ブログ設計画像

初心者でも経験者でもテーマが決まっており、そのテーマにそって記事を執筆していく場合が多いです。

 

テーマは、契約する企業・個人によって異なります。例えば、企業側がおすすめ家電を紹介しているキュレーションサイトを運営している場合は以下の内容になるでしょう。

家電関係がテーマのサイトの場合

  • テレビのおすすめ
  • パソコンのおすすめ
  • ドライヤーのおすすめ

上記は、テーマごとに情報を調べ、記事を執筆するスタイルです。

 

他にも美容・企業案件・商品紹介・車・ガジェット・習い事・地域特化記事など書ける内容は依頼によってさまざま。あなたにあった案件は、探せば見つかるでしょう

 

執筆条件も企業・個人により異なります。

  • 全て自分で自由に校正を決めて書く
  • 決まった記事校正案に合わせて執筆する

記事を全く書いたことの無い人は、「執筆マニュアル」のあるクライアントで基本的なことを学ぶのがおすすめです。競争率も高いかもしれませんが、積極的に申し込んでくださいね。

 

マニュアルが完備されており、編集担当者が修正点を教えてくれる企業なら、自分の実力を上げるために最適です。

 

クラウドソーシングで契約した企業と連絡する方法

チャットワーク

クラウドソーシングのチャットシステムを最初は利用することになりますが、「チャットワーク」や「スカイプ」を利用する企業も多くあるでしょう。

 

ちなみに「チャットワーク」も「スカイプも無料で利用可能です。ただし、クラウドソーシングを利用してお仕事をするなら規約を守って仕事をしましょう。

 

注意ポイント

クラウドソーシングサービスの利用規約をよく読み、規約にあった方法で外部チャットで連絡を行って下さい。たまに違反しているクライアントがいます。

 

 

ライターとして食べていくためにクラウドソーシングを活用しよう!

全く記事作成に携わってこなかった人が副業・専業フリーライターになるなら、クラウドソーシングサービスを活用しましょう。

継続していれば、あなたのライターとしての価値は上がっていきます。経験・スキルも継続すれば習得できるものです。

 

依頼のあるお仕事の内容は、毎日変化します。今好みの仕事がなくても、明日はあるかもしれません。登録は誰でも無料で可能ですので、まずは登録して仕事の内容をチェックしてみることからスタートしてみましょう。

 

 

この記事内の情報が少しでも助けになれば嬉しく思います。

おすすめコンテンツ


-フリーライター, 副業・フリーランス
-,

Copyright© フリフログ.Sns , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.