keyword選び

キーワード選定の間違いとは?選ぶべきキーワードを選びましょう!

 

[st-kaiwa3]これ単価高いから、よく知らないけど、このキーワードでブログ・サイト作ろうかなぁ[/st-kaiwa3]

 

WEBライターとしてこれまでいろんな記事を書かせてもらった目線ですが、とっても効率の悪い選択なので、おすすめできません

 

理由について、この記事で説明していきますね。

 

こんな方におすすめ

  • 選ぶべきでないキーワード
  • 選ぶべきキーワード

 

この情報についてこの記事で知ることができます。

 

選ぶべきでないKW=単価優先&知らないキーワード!

知識画像

 

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

全く知識の無い分野や、好きでもない記事を書かないほうがいいですね。

会社じゃないんですから、自分の好きなことを記事にして楽しみましょう。

[/st-mybox]

 

これは好みの問題ではなくて、メリットがあるんです

 

好きな事・知っていることを書く最大のメリット

答えから言いますと、効率が非常にいいからですね

 

ライターの仕事をしていて気付いたことがあります。

 

それは、毎月書いている記事数は同じなのに、非常に疲れているときがあること

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

そして、原因もわかりました。知識が少ない分野の記事を書いているときです。

[/st-mybox]

 

それは、なぜか?

 

情報を頭に入れる場合、前知識があるかないかで時間的な効率が大きく変わってきます

 

[st-mybox title=”インプット・アウトプット” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

知らないことを書くには情報を入れるためのインプット労力が大きい

知っていることなら、アウトプットに時間をさくので記事を充実させられる

[/st-mybox]

 

得意分野の記事はスラスラ書けるので、1日2万文字でも余裕で掛けてしまうんですね。

 

でも、インプットしてから書く記事の場合、効率も悪くて1日1万文字程度が限界になってきます。

 

[st-kaiwa1]あくまで僕の例なんですけど、ライターを半年以上やってきて効率を考えるとこの結果に落ち着きましたね。

今は得意分野ばかり受けてるので時間的余裕がかなり生まれていますw[/st-kaiwa1]

 

じゃあ、どんなキーワードを選ぶといいのか?

 

選ぶべきKW=書きやすいキーワード&消えないキーワードを選ぶ

好きな事画像

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

書きやすいキーワード

消えないキーワード

[/st-mybox]

 

それぞれ説明していきますね。

 

書きやすいキーワード=好きな事・専門知識

 

[st-kaiwa1]これは分かりやすいですよね。せっかくブログを書くんですから好きな事書きたくないですか?[/st-kaiwa1]

 

ちなみに好きなブログネタにするなら、以下が個人的に書きやすいかなと思います。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

自分の生活

  • 仕事
  • 子育て
  • 子供

身近な環境

  1. 職場環境
  2. 賃貸
  3. ご当地グルメ
  4. 地域ネタ

好きな趣味

  • サッカー
  • 手芸等 女性向け趣味
  • 映画

特殊な経験

  • 外国語
  • 海外生活
  • 入院生活
[/st-mybox]

あくまで今ざっと思いついた範囲ですが、もし好みのものがあれば、あなたの強みなので設計図作ってみるといいかもしれません

 

実は今思い付きでここに上げているキーワードにも共通点があるんです。

 

それが「消えないキーワード」です!

 

消えないキーワード=需要のなくならないキーワード

 

キーワードを選ぶとき場合は、需要がなくならない「キーワード」を選んだほうが、将来的に安心です

 

需要っていうのは、検索する人が入力するワードのことです

 

[st-mybox title=”例えば” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

仕事・サッカー・グルメ・海外生活

[/st-mybox]

このキーワードが世の中から消えることって考えられないですよね?

 

ということは、必ずこれからも誰かが検索してブログを見に来てくれる。ということです。

 

[st-kaiwa3]じゃあ、消えちゃうキーワードって何?[/st-kaiwa3]

 

これも実は、考えてみると簡単なことでして

 

[st-kaiwa1]ゲームを選んだ場合。1つのゲーム名、例えば「ドラゴンクエスト」が終われば検索されなくなってしまいますよね?

つまり、「ドラゴンクエスト攻略」特化サイトは、いつか検索されなくなってしまうということですね。[/st-kaiwa1]

 

[st-mybox title=”例外” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

10年以上続くことも考えられるオンラインゲームの場合、何年も検索され続けることも予想できます。

[/st-mybox]

 

これは、一時的に販売されている商品名にも言えることです。

 

商品名は、いつか検索されなくなります

 

そうなれば、せっかく育てて収入になったブログも・・収入0円です。

 

だからこそ、商品名に繋がる別のキーワードで記事を作っておくといいですね。

 

[st-mybox title=”例えば” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

家電製品を紹介する記事を書くなら、商品名ではなく商品に共通する悩みをキーワードにして、商品へのリンクを貼る。

[/st-mybox]

 

こうするだけで、その商品が販売されなくなっても別の似た商品リンクに差し替えるだけで、永遠にその記事を使い続けられるんです。

 

まとめ

キーワード候補がたくさんある中で候補に迷った場合。

 

[st-kaiwa1]需要がなくなることのない、「キーワード」ってどれかな?って考えてみるといいかなって思います。[/st-kaiwa1]

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

知らない事・単価だけでキーワードを選ばない

好きな事・重要がずっとあるキーワードを選ぶ

[/st-mybox]

 

これを注意するだけで、あなたのブログはずっと見られるブログ。書くのが楽しいブログになると思いますよ。

 

読まれる特化ブログの作り方を3ステップで解説!初心者から脱出しよう

keyword選び
最新情報をチェックしよう!